ニュース 2021.07.12. 21:05

鷹の新助っ人・レイ、9回2安打で来日初完封 ノーノ―逃すも135球の力投!

無断転載禁止
楽天戦に先発したソフトバンクのレイ (C)Kyodo News
2021.07.12 18:00
福岡ソフトバンクホークス 8 終了 0 東北楽天ゴールデンイーグルス
PayPayドーム
○ ソフトバンク 8 - 0 楽天 ●
<12回戦・PayPayドーム>

 ソフトバンクは3連勝。先発のコリン・レイ投手(31)は惜しくもノーヒットノーラン達成を逃したが、9回2安打無失点の来日初完封で今季3勝目(1敗)を挙げた。

 序盤は球威のある直球を軸に、2回は3者連続三振をマーク。3回までに2四球を与えたものの安打は許さず、4回までに7奪三振をマークした。5回以降は打たせて取る投球でテンポ良くアウトを量産。7回までノーヒット投球を続け8回も簡単に二死を奪ったが、7番・田中貴に四球を与えたあと、途中出場の炭谷に右前にポトリと落ちる初安打を許した。

 あと4人のところでノーヒットノーランは逃したものの、9回を135球で投げ抜き来日初完封。2安打無失点、8奪三振4四死球の内容で3勝目(1敗)を挙げた。

 打線は初回、5番・長谷川が走者一掃の適時二塁打を右中間へ運び3点を先制。3回は4番・栗原の右翼フェンス直撃の適時打、6番・野村の左前2点適時打で6-0とし、この回で楽天先発・則本昂をノックアウトした。6回は2番・中村晃の右越え2点適時二塁打でダメ押しの2点を追加。力投するレイに8点をプレゼントした。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西