ニュース 2021.07.14. 07:14

ヤクルト・奥川が6回3失点で4勝目!高木氏は若手バッテリーの組み立てを評価

無断転載禁止
巨人戦に先発したヤクルト・奥川
2021.07.13 17:45
読売ジャイアンツ 6 終了 14 東京ヤクルトスワローズ
東京ドーム

古賀が引き出し、奥川が応える!

 ヤクルトが13日の巨人戦で球団タイ記録となる1試合7本塁打を放つなど、14得点を奪って大勝。先発した奥川恭伸は、大量の援護点にも守られながら6回を98球、被安打6、7奪三振の3失点という内容で今季4勝目を手にした。

 13日に放送されたCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』で解説を務めた高木豊さんは、「ひと周り目は変化球でカウントを整え、勝負球には真っ直ぐを持ってきていた。本当にひと周り目まではワンパターンでいった。その後、1打席目の様子を見ながらバラバラにしていった」と、巨人打線に的を絞らせなかった奥川と古賀優大のバッテリーを評価。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 さらに、「(奥川の)投球術というか、そういうものを引き出したのは古賀だし、その期待に応えた奥川も素晴らしい出来だった。古賀のリード、キャッチャーとして素晴らしいなと感じました」と続け、あらためて20代前半のバッテリーが見せた組み立てに感心していた。

☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2021』

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西