ニュース 2021.07.14. 16:50

日本ハム・杉浦「ただいま!」凱旋登板で3人締め 前半戦ラストを白星で飾る

無断転載禁止
日本ハム・杉浦稔大
2021.07.14 13:00
北海道日本ハムファイターズ 6 終了 2 オリックス・バファローズ
帯広

○ 日本ハム 6 - 2 オリックス ●
<13回戦・帯広>

 日本ハムが後半の集中打で逆転勝ち。道東シリーズを1勝1敗で終え、前半戦ラストゲームを勝利で締めくくった。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 日本ハムは4回に野村佑希が先制適時打。直後の5回に逆転を許したが、6回にも再び野村が適時二塁打を放ち逆転。7回には2番・西川遥輝、3番・髙濱祐仁、4番・近藤健介の3連続適時打など効果的に得点を重ねた。

 9回は地元・帯広出身の杉浦稔大がマウンドへ上り、一死から3番・宗佑磨に内野安打こそ許したものの、4番・杉本裕太郎を6-4-3の併殺でシャットアウト。1イニングを打者3人で締めくくり、凱旋ゲームのラストを飾った。

 ヒーローインタビューで大きな拍手に迎えられた杉浦は「ただいま!」と地元ファンに挨拶。2018年と2019年に帯広で先発登板していたが、自身は勝利投手になれず0勝1敗に終わっており、「この球場で2回先発させてもらって勝てていなかったので、3度目の正直ということで今日は勝ちを締めることが出来てよかった」と安堵の表情で振り返った。

 チームは2年ぶりとなる帯広開催の一戦を白星で飾り、30勝42敗9分の最下位でシーズン折り返し。「前半戦は最下位という苦しい状況ですけど、ここ最近の試合はしっかりと粘って勝つという試合が出来ていると思います。まだまだ若い力も伸びてくれると思うので、後半戦もチーム一丸となって巻き返していきたい」と力を込めた。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西