ニュース 2021.07.16. 06:55

フレッシュ球宴に西武のドラ1〜3が出場! ドラ2・佐々木が1回2Kで勝利投手に

無断転載禁止
フレッシュオールスターに出場した西武勢3選手(左から山村崇嘉、渡部健人、佐々木健)

 ドラ1・渡部は1安打1盗塁死


 球界の次代を担うスター候補たちによる『フレッシュオールスターゲーム』が愛媛の坊ちゃんスタジアムで行われ、西武からはドラフト1位から同3位まで3選手がイースタン選抜の一員として出場し、ドラフト2位左腕の佐々木健が勝利投手となった。

 佐々木はイースタンの2番手として2回のマウンドに上がり、先頭の井上広大(阪神)から高めのストレートで空振り三振を奪うと、続く佐藤直樹(ソフトバンク)にはチェンジアップを投じて空振り三振に仕留めた。三者連続三振なるか注目を集めたが、3人目の石原貴規(広島)には2球目を前に飛ばされて中飛という結果に。それでも1回を三者凡退に抑えると、直後の3回表に女房役を務めていた内山壮真(ヤクルト)のソロで先制し、リードを譲らぬまま試合終了を迎えた。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 佐々木は「相手打者一人ひとりとしっかり対戦することができた」と自身のピッチングを振り返り、「今日はいい投球ができたので、後半戦はもっと調子を上げて活躍をしたいです!」と、後半戦での巻き返しを約束した。

 一方、イースタンの2冠(本塁打と打点)として4番に座ったドラフト1位の渡部健人は、「全打席ホームランを狙う」と意気込んだものの、2回の第1打席は痛烈な三ゴロに。4回の第2打席はバットの下面に当たっての左安打となり出塁するも、初球から「狙っていた」という意表を突いた二盗は失敗。試合にはフル出場を果たしたが、第3打席はボール先行となったところから打ちに出て三邪飛となり、第4打席は一邪飛という結果に終わった。

 渡部は4打数1安打という成績だったが、「物凄く楽しい一日でした。シーズンと違った雰囲気でできました」と振り返りつつ、「まだまだアピールしなくてはいけないので、どんどんアピールして一軍に呼ばれるように頑張ります」と、結果を残しての再昇格を見据えた。

 また、綱島の負傷離脱を受けて追加選出されたドラフト3位の山村崇嘉は「8番・三塁手」でスタメン出場を果たしたが、第1打席は一ゴロ、第2打席は空振り三振という結果に終わり、「打つ方は力み過ぎちゃいました」と反省しつつ、「今日は凄いレベルの高い野球を見れたので、いい経験ができました。後半戦、しっかり戦力になっていけるように頑張ります」と、さらなる成長を誓った。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西