ニュース 2021.07.16. 22:38

西武・平良、初球宴で貫禄の完璧リリーフ 同級生・村上斬り「楽しかった」

無断転載禁止
西武・平良海馬投手
2021.07.16 18:00
オールパシフィック 4 終了 5 オールセントラル
メットライフ

● 全パ 4 - 5 全セ ○
<第1戦・メットライフドーム>

 西武の平良海馬投手(21)が16日、マイナビオールスターゲーム第1戦に救援登板し1イニングを完璧に抑えた。

 ファン投票の救援投手部門で選出され、本拠地でオールスター初登板を果たした平良。同点の8回に全パの4番手で登板し、まずは先頭の代打・大島(中日)を一飛に退けた。続く同じ高卒4年目の村上(ヤクルト)に対しては、150キロ中盤の直球を連発したあと最後はスライダーを打たせ一飛。続く山田(ヤクルト)は3球三振に仕留め、1イニングをパーフェクトで終えた。

 球宴初登板の感想を問われた右腕は「本拠地ということで投げやすかった。甲斐さんのリードと経験で無失点に抑えることができました」と、侍ジャパンでもバッテリーを組む可能性がある鷹の正捕手に感謝。村上との対戦については「自然と155、156キロが出ていて、初対戦だったので楽しかったです」と振り返った。

 今季はプロ野球新記録の39試合連続無失点を達成。前半戦だけで41試合に登板し、自責点はわずかに「1」だった。村上とともに最年少で東京五輪に臨む野球日本代表「侍ジャパン」に選ばれた剛腕。国際舞台でも快刀乱麻の投球に期待がかかる。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西