ニュース 2021.07.19. 17:30

川相昌弘「まぁ現実逃避ですよね(笑)」 現役時代の“唯一の休み”月曜日の気分転換法を明かす

無断転載禁止

ショウアップナイター エピソード55
<エピソード22 ~月曜日はカラダと心のリフレッシュ~>



~今年2021年、放送開始から「55周年」のシーズンを迎えたニッポン放送「ショウアップナイター」。これを記念し、中継だけでは届けきれない取材情報や解説陣の“ここだけの話”など、「55」のエピソードを紹介していく連載企画~

ショウアップナイター解説者の川相昌弘が、現役時代のリフレッシュ方法について振り返った。

川相昌弘(かわい・まさひろ) プロ野球、巨人内野手  写真提供:産経新聞社



今年2021年に55周年を迎えるニッポン放送ショウアップナイター。その解説者である川相昌弘が、現役時代は“貴重な休日”だった月曜日の過ごし方と、そのこだわりについて語った。

---プロ野球は前半戦が終了して、オリンピック期間中は試合がありません。選手たちも疲れを癒せる期間になると思いますが、川相昌弘さんのリフレッシュ方法について教えてください。

「プロ野球選手はシーズン中に関しては基本月曜日だけが休みで、その曜日しか子供と一緒にどこかに行く事ができなかったので、私はよく『これから箱根にひとっ風呂浴びにいくぞ!』と言って、宿題もまだやってない学校終わりの子供を無理やり日帰り温泉とかに連れていったりしていましたね。

日頃、子供達とまったく違う生活をしているじゃないですか。子供たちは朝早く起きて学校行ってという生活をして、ナイターやっている間にだいたい寝ている訳で、僕は子供達が学校に行った後に起きて子供達が寝ている時に帰ってきますから、ほとんど子供達と触れ合う時間がないわけです。だから月曜日を家族サービスにあてるのと、自分の体調管理にあてていたという感じがしますね。ですので、子供たちが学校に行っている間にマッサージに行って自分の身体の手入れをして、午後4時くらいに子供たちが帰ってきたら「よし! 車に乗れ~!!」と言ってそこから箱根などに行ったりしてお風呂入って、ご飯を食べて夜帰ってきていましたね。子供達はいい迷惑だったかもしれませんが、月曜日しか子供達と過ごすことができないので、現役時代はもちろん、コーチ時代も月曜日を非常に大事にしていました」

---家族で買い物などに出かけていたりしましたか?

「買い物にはあまり出かけませんでしたね。日頃、野球選手って団体で動いているじゃないですか。いつも人に見られている立場なので月曜日くらいなるべく人がいないところに行きたいなという気持ちがすごくあったので、温泉とか海とか山とか、とにかく自然をもとめて極力人が少ないところに行って気分転換を……まぁ現実逃避ですよね(笑)。それで、帰ってきてから「よし! 1週間頑張るぞ!」こんな繰り返しが多かったかなと思います。

僕がジャイアンツでコーチやっている頃は、一番下の子と勝沼に行ってぶどう狩りなどしたりしていましたね。ただ、帰りは高速道路が混んでいましたので『まだおうちに着かないの?』とよく言われていました(笑)。でも、その一番下の子が小学生くらいになったら付き合ってくれなくなっちゃって、しょうがないので、休みの日はひとりで現実逃避で勝沼に行ってぶどう買ってきたり、ワイン工場行ってワイン買ってきたり、とにかくあちこち行って、その土地のものを買ってくるのが大好きでした」

ニッポン放送ショウアップナイター解説者 川相昌弘氏



「去年のニッポン放送ナイター中継の解説の日だったかな?午前中に勝沼に行ってシャインマスカット買ってきて『これは社員(シャイン)しか食べちゃだめですよ~』と言いながら実況の松本秀夫アナウンサーにお土産で渡しましたね(笑)。今でも気分転換にどこかに行くのが大好きです!」



ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM