ニュース 2021.07.19. 16:57

オリックスのスタッフ1名が新型コロナ陽性 球団内に濃厚接触の該当者なし

無断転載禁止
京セラドーム大阪

チーム帯同者64名の陰性も確認

 オリックスは19日、チームスタッフ1名が新型コロナウイルスの陽性判定を受けたと発表した。

 陽性判定を受けたスタッフは16日夜に微熱症状(37.2度)を覚え、翌朝に体温が38.5度に上昇したため、大阪市内の病院にてPCR検査を受検し「陽性」と判定。現在は保健所の指示により、指定の医療機関で隔離療養中だという。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 球団は今回の陽性者発生を受けて、チーム帯同メンバーの64名を対象にPCR検査検査を実施し、全員の陰性を確認。保健所からは濃厚接触者に該当する球団関係者はいないと判定されたとのこと。

 陽性判定を受けたスタッフは「NPB新型コロナウイルス感染予防ガイドライン」に記載されている感染予防対策を実施していたとのことだが、球団はあらためて「これまで取り組んできた新型コロナウイルス感染症対策について、選手、スタッフ、関係者全員に再度周知徹底を図ってまいります」としている。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西