ニュース 2021.07.20. 08:00

「楽しみなピッチャー」と解説陣も期待を寄せる鷹・スチュワート

無断転載禁止
ソフトバンクのスチュワート (C) Kyodo News

 2018年のMLBドラフトでアトランタ・ブレーブスから1巡目(全体8位)で指名を受けた経歴を持つソフトバンクの来日3年目、スチュワート・ジュニア。3年目の今季一軍デビューを飾るなど、前半戦は4試合に登板して、防御率10.13という成績を残した。

 来日初登板となった4月17日の西武戦で、ニッポン放送ショウアップナイターの解説を務めた真中満氏は「球種はストレート、チェンジアップ、大きなカーブですよね。ストレートが上に抜けるシーンがあったんですけど、カーブの角度、チェンジアップといいボールを投げますね。しっかりとハマってきたら、相当なピッチャーになると思います」と評価。「ただ制球力ですよね。コントロールが課題かなという感じはしますけど、これから楽しみなピッチャーですね」と語っていた。

 7月15日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター フレッシュオールスターゲーム ウエスタン・リーグ選抜-イースタン・リーグ選抜』で解説を務めた野村弘樹氏もまた、「全体的に球が高いですね。空振りは取れていますけど、一軍の試合でと考えたときになかなか振ってくれない」と課題点を挙げながらも、「もう少しゾーンを下げていかないといけないでしょうし、下げたなかでもう少しコントロールができるようになると、楽しみなピッチャーですよね」と期待を寄せた。

 力強いストレートを投げ込むのは魅力的。野村氏や真中氏が話すように、制球力が向上すれば非常に楽しみな存在となりそうだ。

(ニッポン放送ショウアップナイター)

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM