ニュース 2021.07.27. 21:15

ヤクルトはエキシビション白星発進 坂口&西田が打線で存在感示す

無断転載禁止
ヤクルト・坂口智隆
● オリックス 2 - 5 ヤクルト ○
<7月27日 京セラドーム大阪>

 東京オリンピック開催に伴う中断期間に開催されるNPBのエキシビションマッチが開幕。ヤクルトは西田明央の3ランなどで白星スタートをきった。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 ヤクルトは0-0で迎えた3回、3番・坂口智隆の右前適時打で先制すると、なおも二死一・二塁と続くチャンスで5番・西田がバックスクリーンへ飛び込む3ラン。この回だけで相手先発・田嶋大樹から一挙4得点で先制に成功した。

 投げては先発のサイスニードが要所を締めるピッチングで5回5安打1失点でゲームメイク。6回からはバンデンハークがマウンドへ上がり、4イニングをソロ本塁打による1失点に抑えた。

 打線では一発を放った西田が3安打3打点で猛打賞を記録し、通算1500試合出場にリーチをかけている「3番・右翼」の坂口が5打数2安打1打点と存在感。苦しい戦いが続いた昨季のツバメ軍団を支えた功労者たちが、後半戦の一軍合流へ好アピールを見せた。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西