ニュース 2021.07.29. 08:00

前半戦、抜群な存在感を放った巨人・大江竜聖

無断転載禁止
巨人の大江竜聖(C) Kyodo News
 貴重な左の中継ぎとして、巨人・大江竜聖は抜群の存在感を放った。

 4月6日に一軍登録されると、ここまで35試合に登板して、0勝0敗12ホールド、防御率1.82という成績を残し、5月21日の中日戦から21試合連続無失点中だ。

 ショウアップナイター解説陣も大江への評価は高い。5月25日に放送された 『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-楽天戦』で解説を務めた江本孟紀氏は、「強烈なインステップから投げてくるわけでしょう。左バッターは怖いですよ。頭の後ろから球がくるんじゃないかなっていうね」と評価した。

 6月4日の日本ハム戦では、2-0の6回二死一塁、先発のメルセデスが西川遥輝に対して、1ボールから2球目を投げた後、左足がつるアクシデントで降板し、ここでマウンドにあがったのが大江だった。

 大江は1ボール1ストライクという状況から登板した大江は、西川を3ボール2ストライクから4球目のストレートで三ゴロに打ち取った。イニングまたぎとなった7回も先頭の近藤健介を左飛に仕留め、右の中田翔、渡邉諒と続いていく打順のところで右の桜井俊貴に交代となった。

 同日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-日本ハム戦』で解説を務めた山﨑武司氏は、大江について「すごくいい内容で、打ち取るべくして打ち取っているなという形なので、左の高梨と大江ですよね。いいんじゃないでしょうか」と褒めていた。

 さらに6月23日のDeNA戦では、3-1の6回二死満塁のピンチで、先発・山口俊の後を受けて大江がマウンドに上がり、代打のソトを空振り三振に仕留めた。同日に放送されたショウアップナイターで解説を務めた野村弘樹氏は、大江が1ボールからの2球目、インコースのストレートでストライクを取ると「インローのストレート、良いボールでしたね。どんなにいいバッターでも、なかなか打てないですね。芯で打ってもファウルですね」と解説していた。

 左の中川皓太が故障で離脱した中で、大江の存在感は日に日に高まっていった。後半戦も、前半戦のような働きを見せて欲しい。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM