ニュース 2021.08.01. 11:47

ダルビッシュ、6回5失点で降板 今季ワースト3被弾、相手投手にも一発浴びる

無断転載禁止
ロッキーズ戦に先発登板したパドレスのダルビッシュ有

6戦白星なし、8勝目はまたもお預け


 パドレスのダルビッシュ有投手(34)が7月31日(日本時間8月1日)、本拠地ペトコ・パークで行われたロッキーズ戦に先発登板。今季ワーストの3本塁打を浴びるなど6回5安打5失点で降板し、今季8勝目はお預けとなった。

 ダルビッシュは2回まで無安打の好スタート。しかし3回、先頭打者を四球で歩かせると、その後、盗塁と2本の内野ゴロの間に先制点を失った。二死無走者となり、2番・ロジャーズにはソロ被弾。甘く入ったスライダーをバックスクリーンへ運ばれた。

 直後に2-2の同点に追いついてもらったが、5回に先頭の7番・ディアスに2球目のカットボールを左翼席へ運ばれ勝ち越し点を許すと、一死後、今度は相手先発の9番・マルケスに高めに浮いたスライダーをバックスクリーンへ運ばれた。

 6回は先頭の3番・ストーリーに二塁打を許すと、二死後、6番・ジョーに中前適時打を許し5失点。ダルビッシュは6回102球、今季ワーストの3被弾含む5安打5失点、8奪三振2四球の内容で降板となり、防御率は3.48となった。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西