ニュース 2021.08.01. 21:24

広島・野間、3安打1盗塁で定位置獲りアピール エキシビション打率.615

無断転載禁止
広島・野間峻祥
ロッテ 2 - 2 広島
<エキシビションマッチ・マツダスタジアム>

 広島の野間峻祥外野手(28)が1日、ロッテとのエキシビションマッチに「1番・中堅」で先発フル出場。4打数3安打1盗塁と快音を連ね、後半戦でのレギュラー獲りをアピールした。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 ロッテ先発・河村に対し、初回の第1打席は左前打で出塁。続く西川の打席ですかさず二盗を決めると、西川の遊ゴロの間に三塁へ進み、3番・小園の中犠飛で先制ホームを踏んだ。3回の第2打席も河村の直球をコンパクトに左前へ弾き返し2打席連続安打。続く西川の打席で再びスタートを切ったが、ここは盗塁失敗に終わった。5回の第3打席は、一死一、二塁の好機で高く弾んだ三塁への内野安打。他選手が苦しんだ長身右腕の河村から3打席連続安打をマークした。

 7回の第4打席は3番手右腕・小野と対戦し遊ゴロ。5番手右腕・土居と対戦した9回は一死一塁の場面でセーフティーバントを試み、これが結果的に捕犠打となった。

 野間はエキシビションマッチに入り、ここまで3先発含む5試合に出場し、打率.615(13打数8安打)と打撃好調。後半戦でのレギュラー獲りに期待がかかる。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西