ニュース 2021.08.02. 08:00

巨人の救援陣に欠かせない存在となったビエイラ

無断転載禁止
巨人のビエイラ (C) Kyodo News
 巨人のビエイラは、リリーフ陣に欠かせない存在となった。

 ビエイラは今季初登板となった3月27日のDeNA戦で3失点するなど、開幕してから1カ月は不安定な投球が目立った。5月4日に一軍登録を抹消され、5月18日に再昇格を果たすと、昇格後は1度も失点を許しておらず、現在は23試合連続無失点中。一時は6.92だった防御率も現在は2.52まで改善されている。

 再昇格後のビエイラの投球に、ショウアップナイター解説陣からの評価も高い。今季2セーブ目を挙げた6月2日の西武戦でショウアップナイターの解説を務めた佐々木主浩氏は「力はありますから、自信がついてきて後ろに座ってくれることがいいことですから、慣れてくれば面白いと思いますよ」と期待を寄せた。

 6月30日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-広島戦』で解説を務めた大矢明彦氏はビエイラについて「力みかえって投げるのではなくて、足をあげるのも小さくて、動きが非常にスムーズに投げるようになった。コントロールが良くなってきていますよね」と分析し、「この方が逆にバッターは打ちにくいと思うんですよね。フォームが小さくて、足も小さくしかあがらないので、それで球が出てくるのでね」と話していた。

 さらに 7月8日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-中日戦』で解説を務めた井端弘和氏は、「非常にコントロールがよくなりましたよね。細かいコントロールではなく、ストライクが取れるようになりましたよね。ストレートだけでなく、変化球、スライダー系でストライクが取れるというところでは、まっすぐが狙われなくなりましたのでね」と分析した。

 リーグ3連覇へ、後半戦もビエイラの安定した投球に期待したい。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM