ニュース 2021.08.07. 23:05

日本一丸で掴んだ涙の金! 侍ジャパン・稲葉監督「みんなで掴んだ勝利」

無断転載禁止
胴上げで宙を舞う侍ジャパン・稲葉監督
東京五輪・決勝戦
○ 日本 2 - 0 アメリカ ●
<8月7日 横浜スタジアム>

 東京オリンピック(五輪)野球の決勝戦が7日、横浜スタジアムで行われ、野球日本代表・侍ジャパンがアメリカを下し金メダルを獲得した。

 日本は「野球」が公開競技だった1984年・ロサンゼルス大会で優勝しているが、正式競技に採用された1992年・バルセロナ大会以降では初の五輪制覇。失意の4位敗退となった2008年・北京大会から13年ぶりに復活した五輪の舞台で、最高の結果を手にした。

 チームを率いた稲葉篤紀監督はゲームセットの瞬間に人目をはばからず涙。ともに戦ったナインの手による胴上げで宙を舞い、「みんなね、本当に一生懸命やってくれて、そういう思いが最後にぐっときました」と歓喜の涙を振り返った。

 今大会は結果的に5戦全勝で頂点に立ったが、「一つも楽な試合はなかったですけど、とにかく選手たちが勝ちたいというね、金メダルを獲りたいというね、そういう思いが結束して、本当に良いチームでいい試合ができたと思います」とコメント。

 最後は「皆が頑張ってくれてましたし、テレビの前でたくさんの方が応援してくれましたし、サポートしてくれた方々もいました。本当にみんなで掴んだ勝利だったと思います」と、日本一丸で掴んだ“金”を強調した。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西