ニュース 2021.08.09. 21:14

広島、若手躍動で鷹に快勝 大道6回1失点、小園3安打2打点&林豪快弾!

無断転載禁止
広島・林晃汰 (C) Kyodo News
○ 広島 8 - 2 ソフトバンク ●
<エキシビションマッチ・マツダスタジアム>

 広島がソフトバンクとのエキシビションマッチに快勝。13日に再開するシーズン後半戦を前に、期待の若手が状態の良さをアピールした。

 広島は2回、8番・石原が中前適時打を放ち先制。3回は3番・小園、5番・林の安打などで一死満塁の好機を作り、7番・安部の一ゴロの間に2点目を加えた。4回は二死から2番・西川が四球で出塁し、続く小園が適時三塁打を左翼線へ運び3点目。5回は林が豪快なソロ弾を右中間席最深部へ運ぶと、ベテランの安部も負けじと、左越えソロを放ち5-1とリードを広げた。

 8回は途中出場の田中広が右翼線への二塁打でチャンスメイクし、代打・坂倉が適時二塁打を左翼線へ運び6点目。1番・野間も中前適時打で続き7点目を奪うと、最後は小園が3安打目となる中前適時打を放ち、打線は8回までに11安打8得点を記録した。

 先発の大道は立ち上がりこそ制球にバラつきが見られたものの、イニングを重ねるごとに安定。5回は四球と二塁打で無死二、三塁のピンチを招いたが、犠飛による1失点で凌いだ。この日は走者を背負ってからの落ち着きが光り、6回80球、3安打1失点、1奪三振2四球の好投。ローテ入り継続が確実な後半戦再開へ弾みをつけた。

 救援陣は7回に2番手・高橋樹が1点を失ったものの、8回以降は4番手・森浦、5番手・島内がそれぞれ1イニングを無失点。ソフトバンク打線を計7安打2得点に抑えた。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西