ニュース 2021.08.12. 14:07

7月度のファーム月間MVPが発表 ロッテの育成森と阪神島田が受賞

無断転載禁止
ロッテの育成・森遼大朗[撮影日=2019年2月7日]

支配下昇格へアピール続ける右腕が受賞


 日本野球機構(NPB)は12日、プロ野球・7月度の「スカパー!ファーム月間MVP賞」の受賞選手を発表。イースタン・リーグからは、ロッテの育成4年目右腕・森遼大朗投手(22)、ウエスタン・リーグからは、阪神の大卒4年目・島田海吏外野手(25)が選出された。

 森は3試合(21回)に登板して21奪三振、防御率1.71と好投し、20日の日本ハム戦(鎌ケ谷)では1安打4四球で自身初完封を飾るなど、月間首位のチームに貢献。島田は11試合に出場し、リーグトップの打率.476、6盗塁をマーク。同3位の20安打を放つなど、リードオフマンとして月間勝率1位(.786)のチームを牽引した。

 受賞選手には両リーグから記念品と、スカパーJSAT株式会社から賞金5万円が贈られる。

 なお、一軍の月間MVPは7・8月度にまとめて9月8日に発表される予定。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西