ニュース 2021.08.15. 14:54

マリナーズ、逆転勝ちで4連勝&貯金8 菊池雄星は5回途中3失点で8勝目ならず

無断転載禁止
ブルージェイズ戦に先発登板したマリナーズの菊池雄星
○ マリナーズ 9 - 3 ブルージェイズ ●
<現地時間8月14日 Tモバイル・パーク>

 マリナーズの菊池雄星投手(30)が14日(日本時間15日)、本拠地でのブルージェイズ戦に先発。5回途中5安打3失点で降板し8勝目はお預けとなったが、マリナーズは逆転勝ちで4連勝とし貯金は「8」となった。

 菊池は初回、3番・ゲレロJr.に痛烈な投ゴロを許すも、弾いたボールを素早く一塁へ送球し3者凡退スタート。するとその裏、自軍の3番・フランスが中越え2ランを放ち幸先よく2点の援護をもらった。

 しかし2回、5番・ヘルナンデスにソロ被弾。3回は一死一、二塁のピンチを招き、再びヘルナンデスに中前適時打を許し同点に追いつかれた。5回は先頭のゲレロJr.に中前打を許すと、一死後、ヘルナンデスに許した右中間への大飛球を、捕球しようとした中堅・ケリニックと右翼・ハニガーがフェンス前で交錯し落球。これが二塁打となり、菊池はピンチを招いたところで降板となった。

 一死二、三塁でリリーフした2番手・サドラーは6番・グリエルを三ゴロに退けたものの、この間に逆転となる三塁走者が生還。菊池の登板結果は4回1/3で97球、5安打3失点、5奪三振5四死球で防御率は3.82となった。

 マリナーズは終盤に打線が奮起。1点を追う7回、6番・トーレンスが逆転となる13号3ランを左翼席へ運ぶと、続くケリニックも2者連発となる6号ソロを左翼席へ運び6点目。8回にもダメ押しの3点を加え、逆転勝ちで4連勝とした。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西