ニュース 2021.08.18. 06:59

西武が“苦手”岩下を攻略!谷沢氏「狙い球を絞り切って対処した」

無断転載禁止
2021.08.17 17:45
千葉ロッテマリーンズ 2 終了 8 埼玉西武ライオンズ
ZOZOマリン

切り込み隊長・外崎がチームを勢いづけるアップルパンチ!


 後半戦の巻き返しを目指す西武が今季3戦3敗と苦手にしている“天敵”岩下大輝を攻略し、8−2で快勝した。

 西武は2回に先制を許したものの、4回に森友哉と中村剛也の連打と栗山巧の四球で無死満塁とし、打席に入った山川穂高が初球のストレートをレフト戦に運んで逆転に成功。続く5回には9番・岸潤一郎からの6連打で一挙に5点を奪った。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 岸が2球目のストレートをレフト前に運ぶと、2試合連続で猛打賞と好調な外崎修汰が3球目の甘く入ってきたストレートを捉えて2号2ラン。さらに源田壮亮の内野安打と森のヒットで一、三塁とし、中村が初球のストレートを弾き返して加点。ここで岩下をノックアウトした。

 17日に放送されたCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』で解説を務めた谷沢健一さんは、「チームをあげて狙い球を絞り切って対処したと思う。狙いをつけてチームが線となった」と主張。立ち上がりは岩下のフォークに苦戦していた打線がストレートに的を絞って見事に対処したと賛辞を送った。

 また、リードを広げる貴重な2ランを放った「1番」の外崎修汰についても言及。谷沢さんが「外崎が1番に入ることで西武打線に勢いがついてくる。死球で長いこと離脱していたので後半戦にかける思いは強いと思う」と語れば、同じく同日の試合で解説を務めた笘篠賢治さんも「適材適所。外崎が入ることで打線のつながり、落ち着きが感じられる」と同意。

 さらに「打ち勝つのがライオンズの野球だと思うので、後半戦の鍵は外崎と山川だと思っている」と、近年の山賊打線を牽引し、昨季は共に不振を囲った両打者に期待を寄せていた。


☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2021』

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西