ニュース 2021.08.20. 20:55

阪神、投打とも振るわず2連敗 8敗目の西勇輝は自身5連敗、守備も乱れる

無断転載禁止
阪神・西勇輝 (C)Kyodo News
2021.08.20 17:45
中日ドラゴンズ 6 終了 0 阪神タイガース
バンテリンドーム
○ 中日 6 - 0 阪神 ●
<12回戦・バンテリンドーム>

 阪神は投打とも振るわず2連敗。先発の西勇輝投手(30)は拙守にも足を引っ張られ、5回8安打5失点(自責点2)で自身5連敗となった。

 西は初回、二死二塁で4番・ビシエドに右前打を許すも、ここは右翼・佐藤輝の本塁好送球に助けられ無失点スタート。しかし2回、二塁打と二塁・糸原の失策で無死一、三塁のピンチを招くと、7番・木下拓に先制となる中前適時打を許した。一死二、三塁で9番・柳はボテボテの三ゴロに仕留めたものの、三塁・大山がボールを握り損ね三塁走者が本塁生還。西は野選で2点目を失った。なおも一死一、三塁とピンチは続き、1番・京田には左前に落ちる適時打を許し3失点目。さらに、二死一、二塁で3番・大島には左翼線への2点適時二塁打を浴び一気に大量5失点となった。

 3回以降はゼロを並べたが、6回表の攻撃で代打を出され降板。5回92球、8安打5失点(自責点2)の内容で8敗目(4勝)を喫した。西は6月18日の巨人戦(甲子園)で4勝目を挙げ通算100勝に王手をかけたが、次戦の同25日のDeNA戦(甲子園)から悪夢の5戦5敗。節目の白星はまたしてもお預けとなった。

 打線は中日先発・柳の前に散発の4安打。今季6度目の完封負けを喫し、2連敗で貯金は「16」に減った。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西