ニュース 2021.08.22. 10:00

島田誠氏が語るロッテ・藤原の一番良いところとは…

無断転載禁止
ロッテ・藤原恭大
 RKBラジオ制作でニッポン放送でも放送された『ソフトバンク-ロッテ戦』で解説を務めた島田誠氏が、ロッテの高卒3年目・藤原恭大の良いところについて言及した。

 島田氏は藤原について「何が一番良いかといったらバットスイングが鋭いことですね。スイングスピードは持って生まれたものなので、上げろというのは難しいんですね」と絶賛。

 2打席連続三振に倒れていたが、3打席目に四球を選ぶと、島田氏は「2三振しているからじっくりボールを見ていってやるぞという感じで見ていましたね」と話した。

 藤原は1-5の7回二死満塁の第4打席、甲斐野央の高めに浮いたフォークをライトフェンス直撃の2点適時二塁打。これで14試合連続安打となった。

 島田氏は「(藤原は)いずれロッテを背負うバッターになるでしょうね」と期待を寄せた。

(提供=エキサイトホークス)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM