ニュース 2021.08.29. 19:13

オリックスの新外国人バルガスがNPB初勝利「チームも勝てて最高!」

無断転載禁止
7回から登板し、2試合目で初勝利を挙げたオリックスのバルガス[写真=北野正樹]
2021.08.29 13:00
オリックス・バファローズ 6 終了 3 福岡ソフトバンクホークス
京セラD大阪
○ オリックス 6 - 3 ソフトバンク ●
<17回戦 京セラD大阪>

 オリックスが1勝1分で迎えたソフトバンクとのカード3戦目に勝利。新外国人のスパークマンは5回2失点で降板し勝敗つかず、7回から4番手で登板した右腕・バルガスが来日初勝利を挙げた。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 スパークマンは味方打線が逆転した直後の5回にアルパレスに1号同点ソロを許し、5回を92球、被安打5、奪三振4、与四球2、失点2の内容で降板。6回を富山凌雅、比嘉幹貴の2人で無失点で乗り越えると、7回から登板したバルガスが三者凡退の好投。直後の裏の攻撃で山足達也のバントヒットなど打線が繋がり、一挙4得点を挙げて突き放した。

 7回からイニングをまたいたバルガスは、8回一死から栗原陵矢に13号ソロを打たれるも、カットボールを生かした投球で後続を許さず。2イニング1安打1失点で守護神の平野佳寿にバトンを繋いだ。


 来日初勝利を挙げたバルガスは「とても幸せです。自分の初勝利もあるけど、チームも勝てて最高!」と歓喜。「とにかく自分に出来ること。しっかりストライクを投げることに集中して投げました」とピッチングを振り返り、「監督に信頼していただけてるのが自信になりました。このチームに貢献出来るよう頑張ります」とコメントした。

 また、ファンには「シャーク」と呼んで欲しいようで、「普段は冷静だけど噛みつくときは噛みつきたい」性格から気に入っているという。シャーク=サメは中嶋聡監督の現役時代のニックネームとあって縁がありそうだ。


 中嶋監督は「展開的に非常にタフなゲームだったんですけど、非常にいいゲームだった。最初はちょっと簡単にアウトになっていたけど、後半になるにつれて、みんなでつながった得点だったと思う。山足はバントで貢献したという素晴らしい仕事です。宗は良かったです。宗だけじゃないですけど、みんなよく守ってくれました」とチームの攻守の姿勢を評価。

 先発のスパークマンについては「守備で迷惑をかけたので、5回2失点は十分かもしれないですけど、まだまだ上がっていける要素はある。次に期待したい」と次回登板に期待を寄せた。

 コーチ留学時代に顔馴染みだったバルガスのNPB初勝利は「嬉しい。投げっぷりの良さと、昔知り合いだったので、とても嬉しい。頭の中にはありました。いろんな要素を考えながらやってました。今はあそこの場面にいますけど、前という頭もあります」と今後の先発起用も示唆した。


 夏の人気イベント『Bs夏の陣2021』は5勝3敗2分けで3年ぶりに勝ち越し。ソフトバンクとの通算成績も8勝8敗となった。首位のオリックスは31日から札幌に渡り日本ハムとの3連戦を経て、来週末は福岡に場所を移し、再びソフトバンクと対峙する。


取材・文=どら増田

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西