ニュース 2021.09.04. 09:00

阪神・中野が決勝打!下柳氏、1番は「問題ない」

無断転載禁止
阪神・中野拓夢 (C) Kyodo News
2021.09.03 18:00
阪神タイガース 7 終了 3 読売ジャイアンツ
甲子園
○ 阪神 7 - 3 巨人 ●
<16回戦 甲子園>

プロ入り後初めて1番で出場した阪神の中野拓夢が大仕事をやってのけた。

 3-3の7回二死満塁で迎えた第4打席、巨人・大江竜聖が3ボール2ストライクから投じた7球目のスライダーを振り抜くと、打球はライトフェンス直撃の勝ち越し3点適時三塁打となった。

 ABCラジオ制作で3日にニッポン放送でも放送された『阪神-巨人戦』で解説を務めた下柳剛氏は、「高めのちょっとボール気味のスライダーなんですけど、カウント3-2で打ちにいくと決めて打ちにいったように見えますね。体が小さいのに飛びますね」と評価。

 下柳氏は、中野の1番には「足も速いですし器用ですから問題ないと思います」と太鼓判を押した。

(提供=ABCフレッシュアップベースボール)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM