ニュース 2021.09.06. 08:14

本塁突入の指示を従わず同点機を逸した日本ハム 解説陣も「コーチャーが回しているんだから…」

無断転載禁止

三塁コーチが本塁突入を指示するも…


 5日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』で解説陣が日本ハムの走塁ミスに苦言を呈した。

 日本ハムは2点を追う7回、一死一、三塁から佐藤龍世がライトの犠牲フライで1点を返す。さらに郡拓也が四球を選んで二死一、二塁と一打同点の好機。続く9番・清水優心はライト前にヒットを放つも、二塁走者の髙濱祐仁は三塁コーチの本塁突入の指示に従わず三塁でストップしてしまう。結果的にロッテの右翼手マーティンの送球を捕手の加藤匠馬が後逸していただけに同点の好機を逸する痛い走塁ミス。これで二死満塁としたが淺間大基はセンターフライに倒れ、この回は1点止まりとなった。

 この走塁ミスについて解説の笘篠賢治さんは「ツーアウトなので(本塁に)突っ込む気満々でいかないとダメなケース。あれは勝負に行くつもりで三塁コーチも回しているので、ランナーのほうがマーティンの肩を意識して最初から行く気が薄れてしまったのでは」と指摘。

 同じく解説の高木豊さんは「罰金だよ。コーチャーが回しているんだから回ればいいのに、なぜ自分で判断したのか…」と厳しいコメント。「マーティンの肩は球界でも1、2番なので、それは(髙濱の)頭にはあったでしょうけど、でもコーチャーが指示しているんだからそこを無視されたら…勝手に自分で(間に合わないと)想像してしまったんだろうね」と苦言を呈した。

☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2021』
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西