ニュース 2021.09.06. 08:30

金村義明氏、元気のない巨人・丸は「タイミングが…」

無断転載禁止
巨人の丸佳浩(C)Kyodo News
2021.09.05 18:00
阪神タイガース 6 終了 6 読売ジャイアンツ
甲子園
阪神 6 - 6 巨人
<17回戦 甲子園>

 MBSラジオ制作でニッポン放送でも放送された『阪神-巨人戦』で解説を務めた金村義明氏が、巨人の丸佳浩について言及した。

 8月31日のヤクルト戦から5試合連続で1番で出場していた丸だったが、9月1日の第3打席から試合前まで15打席連続無安打と元気がなく、この日は6番でスタメン出場。

 丸は3-0の初回二死走者なしの第1打席、阪神先発・秋山拓巳のストレートに空振り三振。この空振り三振に金村氏は「ちょっとスランプが長いですね。タイミングがあっていないですね」と振り返った。

 丸は第3打席に四球で出塁したが、第2打席と第4打席は三振に終わった。金村氏は「丸も右足をあげてグリップエンドを下げて、ヒッチしながらもう1回トップの位置に入るんですけど、そのあたりがうまくいていないですもんね。タイミングで苦しんでいますよね」と打撃不振の原因を分析した。

(提供=MBSベースボールパーク)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM