ニュース 2021.09.06. 09:00

金村義明氏、阪神・マルテは「4番になると…」

無断転載禁止
阪神・マルテ=甲子園
 MBSラジオ制作でニッポン放送でも放送された『阪神-巨人戦』で解説を務めた金村義明氏が、マルテの打順について言及した。

 マルテは4番・大山悠輔に繋ぐ3番打者として、素晴らしい働きを見せていたが、巨人との3連戦では4番を任された。

 金村氏は「3番のマルテが前半戦のMVPというくらいよくつなぎ役に徹した」と振り返り、「僕はマルテが3番の方がいいと思いますね。繋ぎ役といいますかね。後ろに繋ぐバッティングができる。大山はチャンスに回ってくるから、3番・マルテ、4番・大山でいいんじゃないですかね」と自身の見解を述べた。

 マルテは0-3の初回一死一、三塁の好機で迎えた第1打席、メルセデスのストレートを打つも遊ゴロに倒れた。「4番になると、さすがのマルテも決めてやろうという力みで引っ張ってしまうんですよね」と話していた。

 それでも、先頭で迎えた4回の第2打席は、レフト前に運ぶ安打を放った。金村氏は「マルテは上がってきた時からいい感じですよ。いい時のマルテの状態。ただ4番というは、決めてやろうと力みが入るんですよね。あくまで彼は前半戦、一番よく働いたときというのは繋ぎの野球ですよね。四球を選んで後ろに繋ぐ、右に打つ、追い込まれたら繋いで見たりとかね。そういう働きができるバッターなので3番かな」と3番で起用すべきだと語っていた。

(提供=MBSベースボールパーク)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM