ニュース 2021.09.06. 11:29

大谷は23個目の盗塁成功も無安打…ロイヤルズのペレスが41号放ち2本差と猛追

無断転載禁止
大谷に2本差と迫る41号3ランを放ったペレス(ロイヤルズ)

ペレスは後半戦だけで20本塁打


 エンゼルスの大谷翔平選手(27)は5日(日本時間6日)、本拠地でレンジャーズ戦に「2番・指名打者」で先発出場。8回の第四打席に四球を選んで出塁し、今季23個目の盗塁を決めたが、4打数無安打3三振という結果に終わり、試合にも3−7で敗れた。

 一方、後半戦に入って本塁打を量産し、大谷を猛追しているロイヤルズのサルバドール・ペレス選手(31)が同日のホワイトソックスに「3番・捕手」で先発出場。初回の第1打席に41号3ランを右翼スタンドに放り込み、大谷との差を再び「2本」とした。

 ペレスは8月に月間12本塁打をマークするなど、後半戦だけで20本塁打を記録。ア・リーグの本塁打ランキングでは大谷と2本差の2位に位置し、同打点ランキングでもでリーグトップに立つアブレウ(ホワイトソックス)の103打点に1打点差に迫る2位に浮上した。今夏のオールスターでは、大谷らと前夜祭のホームラン競争に出場。翌日のオールスター本戦では、ア・リーグ選抜として大谷とバッテリーを組んだ。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西