ニュース 2021.09.08. 21:21

阪神、9月4度目の逆転勝ち ロハス同点弾&大山V弾、小川はプロ初勝利!

無断転載禁止
阪神・大山 (C)Kyodo News
2021.09.08 18:00
阪神タイガース 5 終了 3 東京ヤクルトスワローズ
甲子園
○ 阪神 5 - 3 ヤクルト ●
<17回戦・甲子園>

 首位・阪神は9月に入り早くも4度目となる逆転勝ち。DeNAに敗れた2位・巨人とのゲーム差を2.5に広げた。

 阪神は2点を追う5回、代打・ロハスが6号2ランをバックスクリーンへ運び同点。6回は二死から5番・サンズが猛打賞となる中前打で出塁し、6番・大山が逆転となる16号2ランを左中間席へ運んだ。

 大山は8月まで得点圏打率1割台と苦しんでいたが、9月は6試合で計8打点と別人のような勝負強さを発揮。試合を決める殊勲打は9月に入り早くも3本目となった。

 先発の伊藤将は序盤からヤクルト打線に捕まり、5回7安打3失点で降板。それでも、6回以降は小川、及川、岩崎、スアレスが無失点リレーで締め、小川は待望のプロ初勝利、スアレスはリーグトップを更新する29セーブ目(1勝1敗)を記録した。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西