ニュース 2021.09.08. 20:58

広島、鈴木誠也5戦連発も1点どまり 玉村は痛恨被弾の7回3失点で6敗目

無断転載禁止
広島・玉村投手
2021.09.08 18:00
広島東洋カープ 1 終了 4 中日ドラゴンズ
マツダスタジアム
● 広島 1 - 4 中日 ○
<19回戦 マツダスタジアム>

 広島は逆転負けを喫し連勝が「3」でストップ。再び借金12となり、わずか1日で5位に逆戻りとなった。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 広島は2回、打撃絶好調の4番・鈴木誠也が5試合連発となる25号ソロを放ち先制するも、それ以降は相手先発・松葉貴大の緩急を生かした投球に苦戦。

 同点に追いつかれた直後の5回一死一・二塁の状況で、9番・玉村昇悟が送りバントを試みたが空振りし、飛び出した二走・菊池涼介が三塁憤死。1番・野間峻祥は得点圏に走者を置いた状況で2併殺と、打線が繋がりを欠いた。

 先発の高卒2年目左腕・玉村は4回までゼロを並べたが、5回に木下拓哉に同点適時打を許し、球数が100球を超えた7回に代打・福田永将に失投を捕えられ痛恨の勝ち越し2ランを被弾。7回8安打3失点の内容で後半戦は自身3連敗となり、今季6敗目(2勝)を喫した。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西