ニュース 2021.09.08. 21:52

中日・福田が値千金の代打決勝弾「ホームランか三振か」覚悟の一撃

無断転載禁止
中日・福田永将
2021.09.08 18:00
広島東洋カープ 1 終了 4 中日ドラゴンズ
マツダスタジアム
● 広島 1 - 4 中日 ○
<19回戦 マツダスタジアム>

 中日が逆転勝ちをで4位再浮上。同点の7回に代打・福田永将が決勝2ランを放ち、6回6安打1失点と好投した松葉貴大が今季3勝目(3敗)を手にした。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 先発の松葉は2回にイニング先頭の4番・鈴木誠也に5戦連発となる25号ソロを浴びるも、3回以降は要所を締める好投。

 女房役の木下拓哉が5回に試合を振り出しに戻す適時打を放つと、7回一死一塁の場面で松葉の代打として登場した福田永将が相手先発・玉村昇悟の浮いたチェンジアップを強振。左中間席へ飛び込んだ5号2ランが決勝打となった。

 試合後のヒーローインタビューに応じた福田は「ランナー一塁だったので、変にゲッツー打つよりも、ホームランか三振かという気持ちで打席に入りました」と勝負をかけた1打席を振り返り、「とにかく引っ掛けないようにと待っていた。チェンジアップでしたけど、うまくバットに乗せることができました」と納得の一発に胸を張った。

 援護に時間はかかったが、好投していた松葉にも白星がつき、「今日は松葉が本当に頑張ってくれて。いつもピッチャー陣が頑張ってくれているので、なんとかバットで返そうと。今日はこういう形で勝てて良かった」と安堵の表情で振り返った。

 これで中日は借金を11に減らし、広島をかわして再び4位に浮上。9日のカード3戦目で2カード連続の勝ち越しを目指す。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西