ニュース 2021.09.10. 11:00

ソフトバンク・佐藤直樹が新型コロナウイルス陽性判定で二軍戦は中止

濃厚接触者の判明は今後


 ソフトバンクは10日、佐藤直樹選手が新型コロナウイルス陽性と判定されたことを発表。同日13時からオセアンBSで行われる予定だったウエスタン・リーグのオリックス戦を中止とした。

 今回は8日に行われた自主スクリーニング検査によって陽性疑いが出たため、翌9日に福岡市内の病院で抗原検査を実施し、陽性が判明。現時点では、発熱(37.5度)、若干の喉の痛み、咳、倦怠感の症状があるとのこと。所轄保健所の指示を受け、自室待機となっている。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 また、二軍遠征メンバーは全員、PCR検査の結果が判明するまで(すでに検体採取済みで、遅くとも夕方までに判明見込み)自室待機となり、同時に所轄保健所による濃厚接触者の判定を待つことになる。

 なお、一軍と三軍に与える影響はなく、一軍・三軍ともに従前の予定通り活動を継続する。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西