ニュース 2021.09.10. 22:10

広島・鈴木誠也、7試合連発ならず 2打数無安打、申告敬遠含む2四球

無断転載禁止
広島・鈴木誠也
2021.09.10 18:00
広島東洋カープ 1 終了 4 阪神タイガース
マツダスタジアム
● 広島 1 - 4 阪神 ○
<17回戦・マツダスタジアム>

 広島の鈴木誠也外野手(27)が10日、本拠地での阪神戦に「4番・右翼」で先発出場。2打数無安打2四球の打撃結果に終わり、プロ野球記録の7試合連続アーチとはならなかった。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 1点を追う初回の第1打席は、一死一、三塁の好機で阪神先発・西勇と対戦。最後はフルカウント後の外角低めのスライダーを冷静に見送り一塁へ歩いた。一死満塁で5番・坂倉が同点となる右犠飛。四球が得点につながった。二死一塁だった3回の第2打席は遊ゴロ。同点の5回は二死二、三塁の好機だったが、一塁が空いていたため申告敬遠で歩かされた。

 2点を追う7回は、二死一塁の場面で阪神3番手・及川と対戦。2ボール後の3球目をにバットを出したが三ゴロに倒れた。5打席目は巡って来ず、この日は2打数無安打2四球。連続本塁打は6試合で止まった。

 9月4日のヤクルト戦(東京ドーム)で21号ソロを放って以降、直近6戦8発と大爆発。6試合連続本塁打は1987年のランス、2005年の新井貴浩と並ぶ球団記録となった。7試合連発なら1972年の王貞治(巨人)、1986年のバース(阪神)と肩を並べるプロ野球記録だったが、あと1試合届かなかった。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西