ニュース 2021.09.11. 17:15

オリックス、西武に完敗し首位再浮上ならず 打線沈黙3安打、バルガス初黒星

無断転載禁止
オリックスの新外国人・バルガス[写真= 北野正樹]
2021.09.11 14:00
埼玉西武ライオンズ 7 終了 0 オリックス・バファローズ
メットライフ
○ 西武 7 - 0 オリックス ●
<20回戦・ メットライフ>

 オリックスは投打とも振るわず今季3度目の完封負け。3厘差の首位・ロッテにプレッシャーを与えることはできず、首位再浮上はお預けとなった。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 打線が西武先発・今井の前に沈黙。6回までノーヒットに抑え込まれ、連続四球で無死一、二塁とした6回は、1番・福田が二ゴロ併殺に倒れた。7回に先頭の4番・杉本がようやくチーム初安打を放ったが、5番・T-岡田、6番・大下は連続三振。連打で無死一、二塁とした9回も得点を奪えず、計3安打で今井に今季初完封勝利を許した。

 移籍後初先発となった新助っ人のバルガスは3回まで無失点。しかし4回、7番・山川に先制の中越え適時二塁打を許したあと、続くスパンジェンバークには右越え2ランを浴び0-3と突き放された。

 5回も4番・中村に右前適時打を許し4点目を失ったあと、トレーナーらを引き連れながら緊急降板。球団はバルガスに状態ついて「左脇腹付近に違和感を訴えたため、大事を取って交代しました」と発表した。緊急リリーフのK-鈴木も2本の適時打を浴び、オリックスは4回と5回で計7失点。バルガスは5回途中6安打6失点、5奪三振3四球の内容で、移籍後初黒星(1勝)を喫した。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西