ニュース 2021.09.11. 19:09

里崎氏は来日初安打の巨人・ハイネマンをどう見た?

無断転載禁止
巨人・ハイネマン (C) Kyodo News
● 巨人 4 - 5 中日 ○
<22回戦 東京ドーム>

 巨人の新外国人・ハイネマンが11日の中日戦で、来日初打席で初安打を放った。

 8月6日に巨人に加入したハイネマンは11日に一軍昇格し、同日の中日戦に『7番・右翼』で先発出場。0-5の2回二死走者なしの第1打席、中日の先発・柳裕也が3ボール2ストライクから投じた6球目のカットボールを捉えると、打球は右中間を破る二塁打で、嬉しい来日初安打となった。

 同日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-中日戦』で解説を務めた里崎智也氏はハイネマンの打者としてのタイプについて「アベレージヒッター感がありますね」と話し、来日初安打については「カットボール甘めでしたけど逆らうことなく右中間と、完璧なバッティングでしたし、結構足が速そうな走塁をしていましたよね」と評価した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM