ニュース 2021.09.13. 22:38

王会長、深澤アナは「熱心で感情が表に出るようなアナウンサー」

無断転載禁止
ソフトバンク・王会長兼特別チームアドバイザー
 現在放送中の『ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル ありがとう「ミスター・ショウアップナイター」 深澤弘さんを偲んで』にソフトバンクの王貞治会長が電話出演し、9月8日に亡くなった深澤アナウンサーとの思い出について語った。

 王会長は「20代のときからの付き合いですから60年くらいの付き合いになりますよね。深澤さんは熱心で感情が表に出るようなアナウンサーでしたよ」と当時を懐かしむように話した。

 また、現役時代に通算800号本塁打を放ったときの深澤アナウンサーの「入った、入った、ホームラン、ホームラン、ついに出ました800号です。800号ホームランであります」の実況を聴いた王会長は「やっぱり深澤さんらしい熱の入った、本当にその場面にいるような気がしましたね。アナウンサーの表現力って大きいんですね。深澤さんありがとうございました」と感謝の言葉を述べていた。

 「ミスターショウアップナイター」「レジェンド」などと呼ばれていた深澤アナウンサーは、早稲田大学を卒業後、東北放送を経て、1964 年にニッポン放送に入社。ニッポン放送ショウアップナイターの中継をはじめ、競馬などの実況も担当した。1974年 10月に行われた長嶋茂雄 現・読売ジャイアンツ終身名誉監督の引退試合の実況をはじめ、リスナーの記憶に深く刻まれる名実況を数多く残し、最近では、2009年7月15日のニッポン放送の開局55周年記念日に開催された「ヤクルト×巨人」(神宮球場)の実況のほか、2014年8月30日に放送した「ニッポン放送開局60周年レジェンドリレー実況中継」でも2イニング実況を務めた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM