ニュース 2021.09.16. 10:00

1回1失点の巨人・デラロサに大矢氏「終盤の大事なところで…」

無断転載禁止
巨人のルビー・デラロサ (C) Kyodo News
2021.09.15 17:45
読売ジャイアンツ 7 終了 6 横浜DeNAベイスターズ
東京ドーム
○ 巨人 7x - 6 DeNA ●
<20回戦・東京ドーム>

 巨人のデラロサは、1点を追う9回から登板するも1回を投げ1失点だった。

 4-5の9回から登板したデラロサは先頭の神里和毅を見三振に仕留めるも、代打・楠本泰史にライトへ二塁打、桑原将志に遊安を打たれ、一、三塁に。ここを踏ん張りたいデラロサだったが、柴田竜拓の一野選で1点を失った。佐野恵太に四球を与え、満塁としてしまうも、オースティンを空三振、宮崎敏郎をライト・ハイネマンのファインプレーにも助けられ、なんとか1点で切り抜けた。

 15日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-DeNA戦』で解説を務めた大矢明彦氏は「神里から左が続いたので若干投球のなかで攻めにくいというのがあったのかもしれないですけど、終盤の大事などころで投げさせるには心もとないなという内容ですね」と厳しかった。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM