ニュース 2021.09.16. 22:24

鷹・マルティネス好投もまた勝てず ホームまであと一歩届かずドロー

無断転載禁止
ソフトバンク・工藤監督
2021.09.16 18:00
福岡ソフトバンクホークス 1 終了 1 千葉ロッテマリーンズ
PayPayドーム
○ ソフトバンク 1 - 1 ロッテ ●
<19回戦 PayPayドーム>

 4連敗中の4位・ソフトバンクは連敗阻止へ奮闘みせるもドロー。終盤は再三チャンスを迎え得点の匂いを感じさせたがホームまであと一歩届かず。好投したマルティネスの後半戦初勝利もお預けとなった。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 緊迫の投手戦となった首位・ロッテとのカード3戦目。7回に先発のマルティネスが代打・安田尚憲に同点適時打を許したものの、終盤は勝ち越すチャンスの連続だった。

 7回二死一塁から代打・川島慶三が左前安打を放ち、スタートを切っていた一走・甲斐拓也は一気に三塁へ。3番・柳田の打席でハーマンの投球がワイルドピッチとなり三走・甲斐がホームを狙うも、捕手・田村龍弘が素早いリカバリーでベースカバーしたハーマンへ送球し間一髪タッチアウト。リクエストでリプレー検証を試みるも判定は覆らなかった。

 8回は相手4番手・国吉佑樹から一死満塁のチャンスを作ったが、今宮健太の右飛でタッチアップを狙った三走・上林誠知がスタートきった直後に慌てて三塁へ引き返すも、右翼から本塁、三塁とボールが渡りタッチアウトで併殺。

 9回は二死二塁の場面で相手守護神・益田直也から川島が左前安打を放ち、代走で出場していた二走・釜元豪が本塁に突入するも、左翼手・荻野貴司の好返球に阻まれ、サヨナラ勝ちとはならなかった。

 先発のマルティネスは中5日のマウンドで7回4安打1失点と好投したものの勝敗つかず。降板後には「拓也(甲斐)がとてもいいリードをしてくれ、すごくいい試合運びができたと思います。守備に何度も助けてもらった。良い投球ができたと思います」とバックの守りに感謝したが、後半戦は5試合全てでクオリティースタートをマークしながら0勝1敗。またしても味方打線の援護に恵まれず勝ち星を逃した。

 離脱していたモイネロが1イニングパーフェクトの復帰登板を飾るなど今後へ向けての好材料もあったが、これでリーグ最多19度目の引き分け。8.5ゲーム差の首位・ロッテを相手にこの日は痛いドローだった。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西