ニュース 2021.09.17. 08:14

オリックス・田嶋がチームを救う快投! 平松氏「ボールのキレが素晴らしかった」

無断転載禁止
オリックス・田嶋 (C)Kyodo News

8回1失点の好投で待望の勝利


 オリックスは先発の田嶋大樹が8回4安打1失点の好投で6勝目(7敗)をマーク。チームの連敗を4でストップした。

 田嶋は初回に暴投で先制点を許したが、2回の二死二、三塁で山﨑剛を空振り三振に仕留めてピンチを凌ぐと、3回以降は楽天打線をわずか1安打に抑える快投。8回108球、被安打4、6奪三振の1失点で6月30日のロッテ戦以来となる6勝目をマークした。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 16日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』で解説を務めた平松政次さんは「ボールのキレが今日は素晴らしかった」と田嶋のピッチングを振り返り、「ストレート、スライダー、時おりフォークも投げるんですけど、真っすぐとスライダーがいいですからなかなかバッターも絞れなくて、それが終始ずっと続いていましたね」と指摘。「田嶋はプロ入りの時からキレのいいピッチャーだったので、それが今日は特に腕が振れていて良かったですね」と本来の持ち味が戻ってきた左腕を称賛した。

☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2021』
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西