ニュース 2021.09.17. 20:27

ライオンをシンボルとする西武と新日がタッグ!『SAVE LIONS DAY』に真壁選手が登場「参加しないわけにはいかねぇだろ!?」

無断転載禁止

真壁刀義選手がセレモニアルピッチなどに登場


 西武は17日、9月23日の楽天戦でチームのシンボルであるライオンを絶滅の危機から救う保全活動『SAVE(セイブ) LIONS(ライオンズ) ~消えゆく野生のライオンを救うプロジェクト~』の周知と参加を予備かける『SAVE LIONS DAY』を実施し、同じくライオンをシンボルとしている新日本プロレスとコラボすること発表した。当日はプロレスラーの真壁刀義選手が来場してさまざまなイベントに登場する。

 メットライフドームでは、ライオンズの呉念庭選手と愛斗選手、新日本プロレスの真壁刀義選手、本間朋晃選手の等身大パネルと一緒に撮影できるフォトスポットが登場するほか、SAVE LIONSの活動やオンライン募金を紹介するブースの設置をはじめ、チャリティーグッズなども販売。また、当日のセレモニアルピッチなどに真壁選手が登場し、プロジェクトへの参加を呼び掛ける。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 そのほか、例年通り監督・コーチ・選手たちがオリジナルキャップとヘルメットを着用して試合に臨むほか、ネクストバッターズサークルやベースにも特別なデザインが施されるとのこと。また当日に限らず、今シーズンもホームゲームでホームランを1本打つたびに1万円を保全団体に寄付する活動を継続して行っていく。

西武と新日本プロレスは、今年9月4日(土)~5日(日)にかけてメットライフドームで開催された同団体主催の「WRESTLE GRAND SLAM in MetLife Dome」をきっかけに、コラボグッズの販売を共同で実施。大田区総合体育館で行われる「G1 CLIMAX 31」でもプロジェクトの周知と募金への参加を呼び掛ける。

 「SAVE LIONS プロジェクト」では、これまでにホームラン数に応じた金額や寄付などを合わせて約450万円をイギリスの保全団体に寄付しており、ライオンの保全活動に生かされている。


▼ 真壁刀義選手コメント
SAVE LIONS」プロジェクト、ライオンマークをシンボルとしている俺たちが参加しないわけにはいかねぇだろ!?
西武ライオンズさんと新日本プロレスの最強タッグで、1頭でも多くの野生のライオンを救えるように、「SAVE LIONS」活動をガンガン広めていくからよ!
西武ライオンズさんのファンも新日本プロレスのファンも是非、協力してくれよな! 俺様も気合い入れてセレモニアルピッチを投げさせてもらうからよ!
呉念庭選手とPR動画で共演させてもらった愛斗選手に会えるのも楽しみにしてるから待ってろよ!

▼ 呉念庭選手コメント
SAVE LIONSプロジェクトを通して、1頭でも多くのライオンを救えるようにファンの皆さんにもご協力いただければうれしいです!
母国の台湾の統一ライオンズでも毎年一緒に活動を行っていますし、皆さんのご協力の積み重ねが必ず良い未来につながると信じています。
当日の試合で着用するライオンズの黄金時代を彷彿とさせるオリジナルキャップと70周年ユニフォームは、いつも自然と気合いが入りますので、僕もホームランを打てるように頑張ります!

▼ 愛斗選手コメント
前回の新日本プロレスさんとのグッズのコラボでは、真壁さんと一緒にPR動画にも出演させていただきました!
真壁さんがいつも身に着けている鎖を首に巻かせてもらったのですが、「似合っている!」というファンの皆さんからのコメントを見てうれしくなりました!
ぜひ、真壁さんとファンの皆さんの前でホームランを打って、僕たちのチームのシンボルを救う活動に貢献したいと思います!
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西