ニュース 2021.09.18. 08:00

江本氏、“打てる捕手”巨人・大城に「数字は物足りない」

無断転載禁止
巨人の大城卓三 (C) Kyodo News
 17日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-ヤクルト戦』で解説を務めた江本孟紀氏は、巨人の大城卓三捕手について言及した。

 “打てる捕手”として期待された大城だが、守備では試合前までリーグ2位の盗塁阻止率.425をマークするも、打撃では打率.236、11本塁打、31打点と物足りない数字。

 江本氏は「本来バッティングが良いということでキャッチャーで使っているわけだから、数字は物足りないですよね。一発もあるし期待もできますけど、この時期に数字が悪い人は上がってきませんよ」と厳しい言葉をかけるも、「数字的にみたら.270、.280打ってもいいような素質のある良い選手。今年はなんでこんなにバッティングが悪くなったんでしょうね」と打ててないことを気になっているようだ。

 江本氏は「バッティングが悪かったら、キャッチャーも代えた方がいいと思いますよ。キャッチャーのリードが良いと言っても、リードが良かったらピッチャーはみんな20勝投手になりますよ。キャッチャーは打たないと。打つ良いキャッチャーは使ってもらえるんだから」と自身の見解を述べていた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM