ニュース 2021.09.18. 14:00

大谷翔平、痛烈右前打で2戦連続安打も…6試合ノーアーチ、46号ゲレロと2本差

無断転載禁止
第1打席に痛烈な右前打を放つエンゼルスの大谷翔平
● エンゼルス 4 - 5 アスレチックス ○
<現地時間9月17日 エンゼルス・スタジアム>

 エンゼルスの大谷翔平選手(27)が17日(日本時間18日)、本拠地でのアスレチックス戦に「3番・指名打者」で先発出場。初回に痛烈な右前打を放ち2戦連続安打をマークしたが、この日も期待された本塁打は出ず6試合連続ノーアーチとなった。

 初回の第1打席、一死一塁の場面でアスレチックスの先発左腕・アービンと対戦。カウント1-1後のスライダーを弾き返した打球は、右寄りの守備シフト突破する痛烈な右前打。2試合連続安打でチャンスメイクした。

 2点を勝ち越し、なおも一死一塁だった3回の第2打席は三飛。イニング先頭だった5回の第3打席は左飛に倒れた。1点を追う7回の第4打席は2番手左腕・ディークマンと対戦。最後はフルカウント後の外角直球に手が出ず見逃し三振に倒れた。

 初回に2戦連続安打となる右前打を放ったものの、期待された一発は出ず6試合連続ノーアーチ。4打数1安打1三振で打率は.256となった。

 この日は本塁打ランキング1位のゲレロJr.(ブルージェイズ)が46号ソロを放ち、トップと2本差に拡大。また球団は、大谷の次回登板が19日(同20日)の本拠地・アスレチックス戦に決まったと発表した。

 エンゼルスは2回に一挙4点を奪うも、逆転負けで連勝は2でストップ。ポストシーズン進出を目指すアスレチックスに競り負け、借金は再び3となった。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西