ニュース 2021.09.19. 18:10

楽天、鷹との接戦制し上位2チームを追走 島内決勝2ラン、好救援の西口4勝目

無断転載禁止
7回に決勝2ランを右翼席へ運ぶ楽天・島内 (C)Kyodo News
2021.09.19 13:00
東北楽天ゴールデンイーグルス 4 終了 2 福岡ソフトバンクホークス
楽天生命パーク
○ 楽天 4 - 2 ソフトバンク ●
<18回戦・楽天生命パーク>

 接戦を制した3位の楽天は再び貯金4。首位・ロッテと5ゲーム差、2位・オリックスとの2.5ゲーム差をキープし、4位・ソフトバンクとのゲーム差は4に広げた。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 楽天は2-2の同点で迎えた7回、先頭の1番・山﨑の中前打を口火に好機を作り、4番・島内が18号2ランを右翼席へ運び勝ち越し。勝負強さを発揮した背番号35は、リーグトップの打点数を85に伸ばした。

 先発の岸は2回以降毎回ピンチを招き6回途中2失点で降板。6回は同点に追いつかれなおも二死二、三塁のピンチだったが、2番手の安樂が好リリーフを見せ逆転の一打を許さなかった。7回以降は西口、宋家豪、酒居が無失点リレー。テンポの良い投球で島内の決勝弾を呼び込んだ西口が4勝目(1敗)を手にし、2点リードの9回を締めた酒居は3セーブ目(3勝2敗)を記録した。

 お立ち台には殊勲打の島内と勝利投手の西口が上がり、島内は決勝弾について「打った瞬間『行ってくれ』と。風が良い感じで吹いてたんで『風、ありがとうございます』という感じです」と話しファンを笑わせた。西口は「ストレートが走っていたので、ストレートで押した結果が勝利につながってよかった。これから1戦1戦、大事な戦いが続くと思うので、任された場面で精いっぱい腕を振って、チームのために貢献できるように頑張ります」と意気込み、大きな拍手を浴びた。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西