ニュース 2021.09.19. 18:02

ヤクルト・村上が史上最年少100本塁打 第1打席に35号、21歳7カ月で清原超え

無断転載禁止
ヤクルト・村上宗隆
2021.09.19 17:30
東京ヤクルトスワローズ 5 終了 1 広島東洋カープ
神宮
ヤクルト - 広島
<18回戦 神宮>

 ヤクルトの村上宗隆選手(21)は19日、本拠地での広島戦で35号ホームランを放ち通算100本塁打に到達。21歳7カ月での到達は、1989年に清原和博氏(当時西武)が達成した21歳9カ月を更新するプロ野球史上最年少記録となった。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 2番・青木宣親の2ランで先制した直後だった。一死無走者で迎えた初回の第1打席、カウント2ボールから相手先発の左腕・高橋昂也が投じた3球目のカットボールを強振。打った瞬間に確信した一発は、ヤクルトファンが待つ右翼席に飛び込む35号ソロホームランとなった。

 プロ1号はルーキーイヤーの2018年9月16日・広島戦。2年目で新人王、3年目でベストナインとスターダムをのし上がってきたツバメの大砲が、衝撃のデビュー打席本塁打からわずか4年で大台に到達した。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西