ニュース 2021.09.21. 12:36

筒香が自己最多8号弾含むマルチ 移籍後OPSは「1.088」の高水準

無断転載禁止
パイレーツ・筒香嘉智
○ レッズ 9 - 5 パイレーツ ●
<現地9月20日 グレート・アメリカン・ボール・パーク>

 パイレーツの筒香嘉智選手(29)が20日(日本時間21日)、敵地でのレッズ戦に「2番・右翼」で先発出場。自身12試合ぶりの一発となる8号ソロを含む4打数2安打2打点の活躍で、今月5度目のマルチ安打をマークした。

 初回一死無走者の第1打席、相手右腕・グティエレスが投じた初球の94.3マイル(151.8キロ)を振り抜くと、打球速度171.6キロの弾丸ライナーがあっという間に右翼席に着弾。9月5日・カブス戦以来となる一発は、渡米後のシーズン最多記録に並ぶ8号先制ソロホームランとなった。

 続く3回無死一・二塁で迎えた第2打席では、初球ファウル後の2球目を捕え中前適時打とし、2打席連続安打でマルチ打点もマーク。第3打席は空三振、第4打席は一ゴロに倒れ、渡米後初の猛打賞とはならなかったものの、移籍後6度目の複数安打を記録し、今季の通算打率を「.223」とした。

 パイレーツ移籍後は好調を維持しており、出場31試合で打率.310(84-26)、8本塁打、21打点の成績。出塁率も4割に迫る好成績を残しており、OPS(長打率+出塁率)は強打者の目安とされる「1」を超える「1.088」を記録している。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西