ニュース 2021.09.21. 14:29

オリックスの“ラオウ”杉本が『北斗の拳』スマホゲーム応援隊長に就任!「キャラを貫いて良かった」

無断転載禁止
“ラオウ”のコスプレ姿で登場したオリックス・杉本裕太郎選手<球団提供>

杉本の生涯に一片の悔いなし!?


 オリックスは21日、漫画『北斗の拳』のキャラクターである“ラオウ”の愛称で親しまれている杉本裕太郎選手が、スマートフォンアプリ『北斗の拳 LEGENDS ReVIVE』の2周年応援隊長に就任したことを発表した。

 杉本は『北斗の拳 LEGENDS ReVIVE』のユーザーでもあり、今回のコラボレーションが実現。豪華プレゼントキャンペーンや、スペシャルムービーの配信などが実施され、スペシャルムービーでは、杉本が『北斗の拳』への愛を熱く語るというから注目だ。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 コスプレ姿で会見に出席した杉本は「ずっと自分がやってたゲームでだったので、すごくうれしいですし、ビックリしています。ブレずにラオウキャラを貫いて良かった」と笑顔。ゲームは「ストーリーとかわからない人でも『北斗の拳』がどういう話かというのが、わかるようになっているのでオススメです」と早速、応援隊長として『北斗の拳 LEGENDS ReVIVE』 をPR。

 ラオウと呼ばれてることについて「最初は違和感があったんですけど、今ではラオウと呼ばれる方が多いので、違和感はないです」と杉本。「ラオウは理想の男性像。尊敬している人物です。特に強いところと男らしいところが尊敬出来ますね」と、熱烈なラオウ愛も口にした。

 最後に「チームは優勝争いをしているので、それに貢献出来るように、1つでも多く打点を挙げたい」と、戦闘モードで話していた杉本。このコラボがキッカケとなり、さらに発展する可能性もある。それを実現させる意味でも、チームの主軸として、オリックスを優勝に導くような活躍を期待したいところだ。


取材・文=どら増田
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西