ニュース 2021.09.22. 07:29

決勝点を演出したサンズの好アシスト!大矢氏「ひとりで走者を2つ進めた」

無断転載禁止
9回一死三塁、阪神・木浪の左犠飛で、島田が勝ち越しの生還。投手R・マルティネス
2021.09.21 17:45
中日ドラゴンズ 2 終了 3 阪神タイガース
バンテリンドーム

1打席で2アシストを記録!


 阪神がチーム一丸のプレーで9回に1点をもぎ取り接戦をモノにした。

 阪神は2−2の同点で迎えた9回表、中日の守護神・マルティネスから先頭の島田海吏が内野安打を放って出塁すると、続くサンズの打席で二盗に成功。さらにサンズが8球粘った末に右打ちを見せ、一ゴロで二塁走者は三塁へ。ここで打席に入った木浪聖也がレフトに犠飛を放って決勝点をもぎ取った。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 21日に放送したCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』で解説を務めた大矢明彦さんは、9回表に回ってきた阪神・サンズの打席を試合のポイントとしてピックアップ。2球目に投じられた高めのボール球を振って島田の盗塁をアシストした場面に言及し、「完璧にランナーの盗塁をアシストした。バットを振ってキャッチャーの送球を少しでも妨害できればというスイング」と指摘。

 さらに、「今度はフルカウントから右方向にゴロを打ちにいって、ひとりで走者を2つ進めた。これが木浪の犠牲フライにつながって、こういう点の取り方をするんだなというような、もぎ取った1点だった」と続け、進塁打を打ちにいった助っ人に感嘆。これには、同じく解説を務めた平松政次さんが「外国人は引っ張って、フルスイングして点をとりたいというのがある」と語れば、MCを務めた大久保博元さんも「かなか外国人でみない。盗塁のアシストも見たことがない」と、フォア・ザ・チームに徹したサンズの打席を評価した。


☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2021』
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西