ニュース 2021.09.22. 13:53

大谷翔平が本塁打トップと1本差の45号 10試合ぶり一発は打球速度187キロ弾丸ソロ

無断転載禁止
45号ソロを放ったエンゼルス・大谷翔平
● エンゼルス 5 - 10 アストロズ ○
<現地9月21日 エンゼル・スタジアム>

 エンゼルスの大谷翔平選手(27)は21日(日本時間22日)、本拠地でのアストロズ戦に「2番・指名打者」で先発出場。第4打席に自身10試合ぶりとなる45号ソロホームランを放ち、本塁打ランキングトップのゲレロJr.(ブルージェイズ)とペレス(ロイヤルズ)に1本差へ詰め寄った。

 大谷はライナー性の打球が外野手の正面をつくなど第2打席まで快音がなかったものの、第3打席に相手先発の右腕・アーキディが投じた初球のカーブを右前へ引っ張り込み右安打。弾丸ライナーの痛烈な打球で、自身11打席ぶりの安打をマークした。

 そして、迎えた第4打席。6点ビハインドの8回先頭で打席に入ると、カウント2-1から2番手右腕・ハビエルの浮いた151キロを一閃。自身10試合ぶりのホームランを右中間席へ放り込んだ。

 MLBの打球データなどを計測している『スタットキャスト』によると、大谷が放った45号ソロの打球速度は116.1マイル(約187キロ)、打球角度26度、飛距離445フィート(約136メートル)の弾丸アーチ。本拠地へ駆けつけたエンゼルスファンは、主砲が放った衝撃の一発を歓声で称えた。

 この日は本塁打王を争うゲレロJr.(ブルージェイズ)とペレス(ロイヤルズ)が不発に終わり、大谷はトップで並ぶ2人と1本差に接近。3試合ぶりのマルチ安打で今季の通算打率を「.257」とし、リーグ2位のOPSも「.951」にアップした。

 なお、米メディア『ESPN』によると、シーズン45本塁打はマイク・トラウトに並んで球団史上2位タイの記録で、2007年にトロイ・グロースが記録した47本塁打に2本差に迫る快記録。

 また、シーズン45本塁打・20盗塁以上はアレックス・ロドリゲス(当時ヤンキース)がMVPを獲得した2007年に記録して以来とのこと。二刀流の侍がまたひとつ、球史に名を残す快挙を成し遂げた。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西