ニュース 2021.09.24. 06:59

ソフトバンクが9月反攻へ! 14戦連続QSの右腕が快投&鷹打線にも復調の兆し

無断転載禁止
ソフトバンクのニック・マルティネス (C)Kyodo News
2021.09.23 14:00
千葉ロッテマリーンズ 0 終了 5 福岡ソフトバンクホークス
ZOZOマリン

 3戦連続の2ケタ安打で3連勝!


 ソフトバンクが先発・マルティネスの快投もあり、ロッテに5−0で快勝。約1カ月ぶりの3連勝で借金を「1」とした。

 ソフトバンクは、13戦連続でクオリティスタート(6回以上を3失点以内)を継続しているマルティネスが好投。初回、4回、5回と走者を得点圏には置いたが、巧みな投球術でロッテ打線に的を絞らせなかった。

 この投球には、23日に放送したCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』で解説を務めた齊藤明雄さんも「ストレートに力がある一方で、チェンジアップ、ナックルカーブなども使って緩急の使い方がうまかった」とコメント。変幻自在のピッチングで、7回を無失点に抑え、7月10日以来となる今季8勝目を手にした。 

 一方の打線も、一発あり、繋ぎあり、という多彩な内容で2回に3点を先取。その後も5回に栗原陵矢の一発で加点し、7回には3連打で5点目を奪った。終わってみれば、打線は3戦連続の2ケタ安打を記録。その打線について、齊藤明雄さんは「ワンチャンスを確実にモノにしている。打線が線になっている。今まで点が取れなかったイメージは全くない」と、復調の兆しを口にした。

 その上で、「9月は強いな」とポツリ。例年、王者が状態を挙げてくるシーズン終盤の巻き返しを予感させた。


☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2021』
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西