ニュース 2021.09.24. 11:11

パドレス、サヨナラ勝ち連敗を5で止める 先発のダルビッシュは6回途中4失点

無断転載禁止
ジャイアンツ戦に先発登板したパドレスのダルビッシュ有
○ パドレス 7x - 6 ジャイアンツ ●
<現地時間9月23日 ペトコ・パーク>

 パドレスのダルビッシュ有投手(35)が23日(日本時間24日)、本拠地でのジャイアンツ戦に先発登板。5回まで2失点と好投したが、6回にピンチを招き降板したあと救援投手が逆転3ランを浴び、6回途中4失点で今季9勝目とはならなかった。

 1回表を3者凡退で終えると、その裏、味方打線が打者一巡の猛攻で一挙4得点。援護を受けたダルビッシュだったが、直後の2回に2ランを浴び2点差に迫られた。それでも、3回以降は3イニング連続ノーヒット投球。5回まで2失点と踏ん張り9勝目の権利を得た。

 しかし2点リードの6回、四球と安打で無死一、二塁のピンチを招き、3番・ブライアントを空振り三振に仕留めたところで降板。パドレスのティングラー監督は左打者の4番・ウェイドに対し左腕のヒルをぶつけたが、地区優勝へ負けられないジャイアンツのキャプラー監督は、ここでウェイドに代え右打者のスレーターを代打起用。するとスレーターが起用に応え、左翼ポール際へ逆転3ランを放った。

 パドレスにとっては痛恨の継投失敗。ダルビッシュの白星は消え、登板結果は5回1/3で96球、3安打4失点、7奪三振3四球。今季の防御率は4.21となった。

 それでもパドレスは、延長10回の末にサヨナラ勝ち。連敗を5で止め貯金を再び2としたが、ワイルドカード2位のカージナルスが12連勝で貯金14としたため、ポストシーズン進出は絶望的な状況だ。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西