ニュース 2021.09.24. 21:24

西武、首位ロッテに逆転勝ち 大卒5年目の田村が66試合目で待望のプロ初勝利

無断転載禁止
西武・田村伊知郎
2021.09.24 17:45
埼玉西武ライオンズ 5 終了 4 千葉ロッテマリーンズ
メットライフ
○ 西武 5 - 4 ロッテ ●
<20回戦・メットライフ>

 逆転勝ちの西武は2連勝。2番手で2回1失点だった田村伊知郎投手(27)が、大卒5年目にして待望のプロ初勝利を挙げた。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 西武は先発の今井が大乱調。初回から3四球を与えるなど2点を失うと、2回も押し出し含む3者連続四球を与え3点目を失った。3回までに90球を要し、4安打3失点、3奪三振7四球の内容で降板。辻監督は堪らず、4回から継投に入った。2番手の田村は4回にソロ本塁打を浴びるも、5回はピンチを凌ぎ2イニングを1安打1失点。すると味方打線が試合をひっくり返しプロ勝利投手の権利を得た。

 打線は3点を追う3回、2番・岸が9号2ランを左翼席へ運び反撃開始。2点を追う4回は4番・中村の14号ソロで再び1点差に迫ると、1番・源田の左前適時打で同点に追いついた。5回は二死から5番・外崎が四球で出塁し、二盗成功に捕手の捕逸が重なり一気に三塁へ進塁。続く栗山の四球となった6球目が暴投となり、三走・外崎は労せず勝ち越しとなるホームを踏んだ。

 1点リードに変わった6回以降は、水上、増田、森脇、平良が1イニングずつ無失点リレー。田村はプロ通算66登板目で待望のプロ初勝利を挙げ、平良は一打同点のピンチを凌ぎ17セーブ目(2勝2敗)を記録した。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西