ニュース 2021.09.25. 08:14

日本ハム・上沢が3年ぶりの二桁勝利 谷繁氏も「これぞピッチャー」と絶賛

無断転載禁止
日本ハム・上沢直之 (C) Kyodo News

8回3安打1失点の快投!


 日本ハムの上沢直之がソフトバンク戦で3年ぶり自身2度目の10勝目(6敗)を挙げた。

 今季21試合目の先発となった上沢は、4回までソフトバンク打線を無安打に抑える完璧な立ち上がり。6回には甲斐拓也、川瀬晃、三森大貴を連続三振に仕留めるなど、ストレートを軸にフォーク、カーブ、チェンジアップをちりばめるテンポの良いピッチングを披露。8回に甲斐に1発を浴びたものの、8回118球、被安打3、11奪三振の快投で10勝目をマークした。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 24日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』に出演した谷繁元信さんは上沢の投球について「これぞピッチャー」と称賛のコメント。「コントロール、ボールのキレ、コンビネーション、これで抑えるピッチャーですから。僕は好きですね」と絶賛した。「チームが最下位で状態が悪い中で10勝するというのはすごい価値ある」とチーム単独トップの10勝を挙げた右腕を評価した。

 上沢は2018年に自己最多の11勝(6敗)を記録して以来3年ぶりの二桁勝利。今季は21試合に先発して、10勝6敗、防御率2.96と安定した成績を残している。

☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2021』
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西